SDGsはこれからも社会にとって企業が必要とされるかのモノサシ

経済産業省から「SDGs経営/ESG投資研究会報告書」が発表されました。

SDGsは企業にとって、これからの社会でも必要とされるかのモノサシのようなものとしています。

そして日本企業は、もともと近江商人の「三方よし」を心がけてきたところも多く、かねて取り組んできたものとしています。ただ、それを上手に外に伝えていないと。

また、特にミレニアル世代はSDGsの価値観に近いところで企業を判断しているというところを取り上げているのには注目したいところ。もしかするとSDGsを通してこの世代を見ると、より的確にとらえられるかもしれません。

経済産業省では、昨年11月に「SDGs経営/ESG投資研究会」を立ち上げ、日本を代表する大企業・ベンチャー企業のCEO、投資家、大学の長に加え、国際機関の長らの参加も得ながら、6回にわたり議論を深めてきました。本日、研究会での議論の成果として、「SDGs経営/ESG投資研究会報告書」を取りまとめましたので、お知らせします。

情報源: 「SDGs経営/ESG投資研究会報告書」を取りまとめました (METI/経済産業省)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です