社員の幸せを露骨に追求する会社

あらためて、会社とはどうあるべきか、はたらくとはどういうことかを感じさせる記事です。

伊那食品。あえて低成長を貫く。身の丈経営という言葉が、沁みます。

成長することが善のように受け取られる今、「年輪経営」と称する着実に年を重ねていく姿勢に学ぶところは多いのではないでしょうか。

「成長」にあえて背を向けている企業がある。この会社が重視しているのは従業員の幸せと企業の永続。

情報源: 社員の幸せを露骨に追求する会社:日経ビジネス電子版

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です