分身ロボットでテレワーク

分身ロボットによって、四肢の動かない人でも働くことができる、そんな世の中に少し、近づく。

夢のあるプロジェクト。

病気などで外出が難しくても自分の分身ロボットを使ってカフェで接客ができる。そんな「未来のテレワーク」が7日から始まります

情報源: 遠隔操作の“分身ロボット”で「未来のテレワーク」

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です