女性目線の農業イノベーション

性別で論じるのは好きではないですが、ここで紹介されている女性農家の特徴は、商品の目線、食卓の目線を持っているということかな。

農業のこれからを考えるとき、このようなほどよい規模でありつつ、特徴を持たせて収益を確保するモデルは欠かせないです。

ブランディングなどをSNSなどで発信するうち、男性農家から女性採用の相談を受ける機会も増えた。「子ども連れで面接に呼ぶといいですよ。子どもを前に母親は本性を隠せません」。自らの体験を踏まえて助言すると、採用成功の報告が入った。21年にもハウスを2倍に広げるなど事業も拡大基調にある。

情報源: 女性の目で農業に新風 異業種経験がヒット商品を生む|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です