まんがで読む、移住のリアル。

世界は変わった。昨日までのあたりまえが、今日は違って見える。
何もないことが不便に思えていたのに、今はその空白から生まれる自由が愛しい。

たんばの田舎で暮らす。さまざまな生き方をしている先輩移住者にインタビュー。
それぞれの選択にみる、これからのライフスタイル。

 元格闘家のパンチィー山内さんは、移動式の八百屋さんを営んでいます。美味 […]
 「草原のような屋根のお店」として地元ではちょっと有名なふたばカフェ。 […]
 ITとデザインで地域に貢献する会社、株式会社いなかの窓の代表取締役、本 […]
 Uターン組の吉竹惠里さんと西脇和樹さん。二人は「地元を出たからこそ分か […]
 田舎に暮らすにはIターン、Uターンだけではなく、多拠点生活というのも選 […]
 丹波篠山市にあるインターナショナルデモクラティックスクール「まめの木」 […]
 自然農法で農業を営み、森の幼稚園「ふえっこ」や農家民宿、農園レストラン […]
 夫婦で作家活動をするために丹波市へ移住したイラズムス千尋さんは、伝統工 […]
 丹波市へ移住し7年目、今も旧称で呼ばれる笛路村で有機農業を始めて5年目 […]
 平日はOL、週末は農業を学び、実践しているという加賀野安那さん。  平 […]
 丹波篠山市でゲストハウス「Aoashi GUEST HOUSE」を営む […]