societe liberte
[subscriber:firstname] さん、こんにちは。
今回は子育てをめぐって。

フィンランド首相の生い立ちや、先進自治愛である明石市の取り組みをみるにつけ、「誰ひとりとり残さない」というSDGsのコンセプトの価値をかみしめています。

家族にも多様な形態があること。その多様さを受け容れ、子どもたちが安心して育ち、学ぶ環境を提供すること。日本は、そんな国になれるでしょうか。
子育てしながら働きやすい街は何を行っているか?

子育てしながら働きやすい街は何を行っているか?

日経DUALから、最新版の「子育てしながら働きやすい街」ランキングが発表されています。 2015年から毎年行っている、日 …
続きを読む
34歳の女性首相を生んだフィンランドという国

34歳の女性首相を生んだフィンランドという国

12月にフィンランドの首相に就任して、34歳の女性首相として大きな話題を呼んだサンナ・マリン氏のライフヒストリー。フィン …
続きを読む
充実した明石市の子育て支援を支えている哲学

充実した明石市の子育て支援を支えている哲学

兵庫県明石市の子育て支援策が話題です。市長へのインタビューも交えた記事を読みつつ、政策の裏にある哲学について思いをはせま …
続きを読む
お役にたつ記事はありましたか? 感想など、ご返信いただけると嬉しいです!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter 
MailPoet