societe liberte
[subscriber:firstname] さん、おはようございます。
今回は目からウロコ。

最初に紹介している熊本の病院の事例です。行動経済学のお手本のような事例。知恵というのは、まさにこのようにはたらかせるべきなんですね、きっと。

銭湯のイノベーションの記事も、同じく発想力を鍛えてくれます。よろしければ、あなたが銭湯の経営者になったらどうするか、どうして若い客を取り戻すか、まず自分なりにシミュレーションしてから、記事をお読みになってください。いかがでしょうか?

銭湯事例の成功のヒントを読み解く参考になるのが、三番目に紹介している「コト消費」の次にくる消費スタイルについての考察です。
制服色分けで残業削減、仕掛けに知恵

制服色分けで残業削減、仕掛けに知恵

制服の色を変えるだけで残業時間が激減。まさに「仕掛け」の巧みさ。 熊本地域医療センター(熊本市中央区)で、看護師の日勤と …
続きを読む
「銭湯」に若い女性を呼ぶには?

「銭湯」に若い女性を呼ぶには?

衰退産業ともいわれる「銭湯」を復活させるためにどうするか。考えるヒントに満ちた記事です。 若者が小杉湯を知るきっかけの1 …
続きを読む
モノからコトへも、古い話か?

モノからコトへも、古い話か?

いくつかのシーンを紹介しつつ、「コト消費からヒト消費へ」という時代の流れを指摘されている記事です。 経営コンサルタントの …
続きを読む
お役にたつ記事はありましたか? 感想など、ご返信いただけると嬉しいです!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter 
MailPoet