societe liberte
[subscriber:firstname] さん、おはようございます。
今回は「教育」について考えます。

手がかりのひとつは「子どもたちの個性を伸ばすプログラミング」の記事。皆さんはプログラマというとどんなイメージでしょうか。映画などでは室内に閉じこもった内面的な人というステレオタイプで描かれたりしますが、この記事に紹介された子どもたちの「プログラミング作品」からは、まったく違う印象が芽生えます。むしろ、プログラミングを通して社会との対話を学ぶ可能性を感じさせます。

「SF作品で倫理を磨く」もヒントになります。脳死や生命工学が倫理的な問題を私たちに投げかけたように、AIなどの進展も同じ問題を投げかけます。そんな未来の倫理を、どう築いていくか。大切な課題です。

その他の記事も、「教育」のあり方を探るヒントに満ちています。ぜひ、ご一読ください。

子どもたちの個性を伸ばすプログラミング

第4回全国小中学生プログラミング大会最終審査会の様子が詳しくレポートされています。入賞作品一つ一つの紹介を読んでいると、 …
子どもたちの個性を伸ばすプログラミング

同じ「種」だからすべて同じと考えないということ

同じ「種」だからすべて同じと考えないということ
このまま気候変動が進むと、100年後には今知られている種の4分の1はいなくなっているかもしれない。そんなことが言われてい …

SF作品で倫理を磨く

プログラマがSF作品を通して倫理を学んでいるというエピソード。最後にひかれている今一番人気のケン・リュウの言葉のように、 …
SF作品で倫理を磨く

イノベーションは砂場から始まる

イノベーションは砂場から始まる
広島県がIT社会への適用(デジタル・トランスフォーメーション)についてどのように取り組んでいるか、分かりやすい講演録。 …

総合的教養がSDGs時代に果たす役割

もうしばらく前になりますか、文系不要論が口にされた時期がありました。AI時代を迎えて、確かに理系が重要な役割を担うことに …
総合的教養がSDGs時代に果たす役割
お役にたつ記事はありましたか? 感想など、ご返信いただけると嬉しいです!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter 
MailPoet