12月1日 登山と神社の歴史

登山と歴史を学ぶイベントです。

大路地区自治協議会、地域振興委員会の「のこぎり山開発隊」の今回の行事は神池寺への探索を行います。 神池寺は、養老2年(712)開基の天台宗中本山。妙高山の山頂付近にあり、往時は丹波比叡として隆盛を誇りました。慈覚大師の手になるという不動明王像(木造)や平重盛の写経を埋めた五輪塔などの寺宝が数多く伝わります。 今回も神池寺の歴史について住職さんから話を聞きますので、興味のある方は是非参加してください。

情報源:Turnwave

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です