2月20日 種子法廃止と種苗法改定で農業はどうなるのか

種子法の勉強会。

農水省は「知的財産権の保護」という点から、これまで原則OKだった自家採種を原則禁止に転換する方針です。つまり、種子を自家採種したり共有したりすれば、犯罪となり重い罰則が科せられるようになるのです。

情報源: 種子法廃止とtpp発効後の種苗法改定で農業はどうなるのか

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です