環境省が「アウトサイド・イン」型の起業家発掘

アウトサイド・インというのは、国連SDGsにもある言葉。環境・社会課題の解決を前提にしてビジネスを創出することを意味している。

マーケット・インなどのように、この「アウトサイド・イン」もこれから注目されていく気がする。

環境・社会課題の解決を起点にしてビジネスを創出するアウトサイド・イン * の考えに基づいた若手起業家を発掘するプログラム「ウィルラボ」が2018年10月、始動! 委員会が選考した若手起業家「ウィルプレナー」に対し、現役企業経営者らメンター陣がビジネス戦略構築や組織運営などをアドバイス。 2050年の社会を担う若者たちが、環境課題を視野に入れたソーシャルイノベーションを起こす機運を高めていくことを目指していきます。

情報源: ウィルラボ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です