AIを酪農に活用、北海道での事例

食事の反芻などの状況を把握。異常を検知。

乳牛や肉牛のわずかな体調の変化も見逃せない畜産業。匠の技が求められる一次産業こそ、さまざまなセンサーが通信でつながるモノのインターネット(IoT)と最も親和性の高い分野かもしれない。

情報源: 【プロジェクト最前線】AIが牛の病気や発情を検知 北海道のベンチャー企業ファームノートが開発(1/2ページ) – 産経ニュース

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です