茨城県で、キャベツ農家の出荷量をドローンとAIで予測

実証実験の様子を伝えるレポートです。

茨城県のキャベツ農家で、ある実証実験が始まりました。ドローンで上空からキャベツを撮影し、膨大な量の画像をつなぎ合わせてAIで解析。将来的にはキャベツの育成状況から収量の予測を目指すプロジェクトです。

情報源: 「勘頼みは終わり」キャベツ農家の出荷量をドローンとAIで予測、その舞台裏

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です