農林水産業イノベーションにおける「プロデューサー」の活躍

プロデューサーというか、つまりプラットフォームが重要ということ。ではあるけど、そこに集う人、熱気、そう簡単ではなく、やはりそれを促進するプロデューサー次第ってことか。

ニーズ・シーズの発見から始める新産業の育成。農林水産省が進める業界の壁を超えた『「知」の集積と活躍の場』のプロジェクトでは、実用化と成長産業化への道筋を示して研究開発をけん引する「プロデューサー」が活躍し、オープンイノベーションの成果を高めている。

情報源: 農林水産業イノベーション第4回 実用化と成長産業化への道筋を示す「プロデューサー」の活躍 | 広告企画 | ダイヤモンド・オンライン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です