茨城県つくば市が「生活実験」を開始

バンを中心にした暮らしの実験。災害時の生活などを想定したもの。

資金はクラウドファンディングで。

ブロックチェーン技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票の実証実験、ソフトウェアロボットを活用して市役所職員の業務を8割削減──。 これらはすべて、「科学の街・国際戦略総合特区」を掲げる茨城県つくば市の話だ。同市は、超スマート社会の実現に向けて、2017年5月から「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」を実施している。

情報源: つくば市が「生活実験」を開始 マクアケと国内初の取り組みも | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です