都市に住み、地方で副業

もちろん、住民税をおさめてくれるようになるのが一番かもしれませんが、関わりという点では、こうした関わり方も貴重です。

地方の側で、たとえば月1度の関わりでも活用できる仕組みを作ることも必要でしょうね。

都市部での生活を継続しながら、地元とも「副業」を通じて継続的に関わる。なにより自分を必要としてくれる社長にも出会え、都市部にいながら地域貢献もできることが嬉しかったという。

情報源: 求めるのはカネじゃない「都市に住み、地方で副業」する若者が急増中(鈴木 秀逸) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です