高松市で交通事故撲滅に向けたデータ活用の実証事業

オープンデータを活用して、交通事故を減らす。

学校や福祉施設のオープンデータやイベント情報に、NTT西日本の社用車ドライブレコーダーの動画情報、県警の交通事故データなどを活用。

高松市は、企業・自治体保有のデータやオープンデータの活用によって交通事故を減らす実証事業を始める。NTT西日本香川支店およびNECと連携して実施する。NTT西日本が2018年12月27日に発表した。実証期間は2019年1月~2019年3月。

情報源: 高松市で交通事故撲滅に向けたデータ活用の実証事業を実施 | IT Leaders

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です