自転車を活用したまちづくり

課題は採算性。事例などもていねいに紹介されており、読みごたえがあります。

「公共交通の機能補完」「観光戦略の推進」や「地域活性化」などを目的に年々、「シェアサイクル」を導入する都市が増え、2018年3月現在では132都市を数えています。後編では地域住民や観光客などの移動手段としての自転車の活用の実態を地方都市の事例なども交え、「シェアサイクル」とまちづくりの現状や地域活性化から考えてみたいと思います。

情報源: 自転車を活用したまちづくりと地域活性化(後編)/地域活性機構 リレーコラム | Glocal Mission Times (グローカルミッションタイムズ)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です