26府県で移住最多

「田舎暮らし」と言っている頃は定年後のイメージでしたが、「移住」というようになって、若者が目立ち始めましたね。

農業新聞の調査。住民の側の自主性がポイントという。事例として、鳥取県大山町の「築き会」が紹介されています。古民家を拠点に、「なんか楽しい」と感じるイベントを開催。人が集まる。

日本農業新聞が都道府県を対象に行った調査で、全国の約6割を占める26府県の移住受け入れ数が過去最高を更新したことが分かった。

情報源: 日本農業新聞 – 農の暮らし“平成の次”開く 本紙独自調査 26府県 移住最多 若者、子育て世代 目立つ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です