AI農業は着々と実用化

「下町ロケット」の世界、実際の現場からのレポート。

これ、しかしとはいえ、まだまだなんじゃないかな。「農家」のあり方をどう考えるか。

実際、無人自動運転トラクターは、2017年にクボタが発売。昨年、ヤンマーと井関農機が追随し、大手3社が出そろった。農業の新潮流はAIとロボットがキーワードになりそうだ。

情報源: AI農業は着々と実用化 ロボットが収穫した野菜が店頭に(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です