広島県、イノベーションの実験プロジェクト

広島県が取り組むプロジェクトで採択された5つの事業を紹介する記事。

こういう実験的取組の中から、次の地域活性化のネタを生み出していく。そういう時代にあっては、失敗を恐れない姿勢もたいせつ。

ひろしまサンドボックスは、2018年5月17日に発表された「共同×テスト」を実現するプロジェクトだ。具体的には、農業や観光業、製造業などのさまざまな産業の課題解決や新サービス創出のために、コンソーシアムを組成して、プロジェクトを立ち上げ、取り組みを進めるというものである。「作ってはならし、みんなが集まって、創作を繰り返す、『砂場(サンドボックス)』のように何度も試行錯誤できる場」がコンセプトとなっており、広島県は3年間で10億円規模の支援を行うとしている。

情報源:宮島のストレスフリー観光、AIでどうやって実現する?――ひろしまサンドボックスが作る地方創生とITのちょっといい話 (1/2)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です