神奈川県川崎市でオープンデータを活用しシビックプライドへ

オープンデータを活用して、まちの魅力を提案。EBPM(エビデンスに基づく政策)につながる取り組みですね。

きっかけになっているのは、「シビックパワーバトル」だったとか。楽しみな取り組み。

近年では市民がまちを愛する気持ち(シビックプライド)が、まちの継続的な発展には重要だといわれています。シビックパワーバトルは、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていた、または知らなかったまちの魅力を発掘し、 地域の魅力発信を目的としたイベントです。 市民や団体、企業にくわえて自治体がバトルのために協力しあうことで、 あらたな魅力発信の仕組みづくりに繋げていきます。

情報源: 川崎シビックパワーバトル

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です