【2020/08/04】ポストコロナの都市農村関係―テレワーク時代の生活様式―

新型コロナウィルスの拡大に収束が見えない中、私たちはそれと共に暮らす「新しい生活様式」を求められています。

企業ではテレワークが進み、大学の授業もオンライン化。これまでインターネットは場所を選ばないと言われつつ、東京首都圏への一極集中が進んできました。その傾向は、今回の出来事をきっかけに変わっていくのでしょうか?

外出の自粛が求められたステイホーム期間、人口が「疎ら(まばら)」な地方では、「密」を心配することなく、自然の中でゆったり活動する方が多くありました。そんな豊かさを暮らしに取り入れることができるようになれば、一人ひとりの幸福度が上がるかもしれません。

それは一部先進企業だけに許された「画餅」でしょうか? あるいは、どんな企業でもなんらかの工夫はできるのでしょうか?

ポストコロナの地方創生を、ワークスタイルの変遷から探ります。

兵庫県丹波市に新しくできたテレワーク拠点「iso乃家」からオンライン配信でお届けします。

お申し込みは参加ボタンを押してもらったら、当日までに入室用のリンクを共有します。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今回のスペシャルゲスト

  • 藤本傑士
    自然食レストラン「三心五観」オーナー。自然と調和して生きることを大事にしており、レストランを行う傍ら、「持続可能な暮らしを考えるきっかけづくり」にも取り組む。
  • 小橋昭彦
    NPO法人情報社会生活研究所事務局長。田舎発動画サイト、里山ウォーク、子どものための森づくりなど先進的な地域づくりに携わる。このほどオンラインサロン「実践ローカリズム」を開設。

【ファシリテーター】

  • 清水ひろゆき
    H&Hコンサルティング

イベント概要

【日時】2020/8/4(火)17:30-18:15

【場所】オンライン会議ツールzoom
    ※参加申込者にリンクを共有します!
    ※周りが静かな場所での参加がおすすめです

【参加費】無料

【定員】15名程度

【主催】ソシエテ・リベルテ

スケジュール

17:30 イベントスタート
17:35 ゲストトーク
18:00 質問・ディスカッション
18:15 終了

参加方法

オンライン会議室システム「Zoom」を利用します。

お申込みいただいた方にリンクをお送りします。

お申し込みは下記Facebookページで参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/818740965330466/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です