女性の下着の変遷は単なるトレンドではなく時代の反映

セクシーな下着が不人気、ナチュラル志向にという女性下着の変遷を取り上げ、少し抽象化して、スカートやストッキングに広げ、さらには女性就業率などを並べて、時代の変化を指摘する。

見事な記事です。時代を読み取る力って、こういう目線を繰り返すことで養われるもの。

米国ではセクシーな下着の不人気で「ヴィクトリアズ・シークレット」が毎年恒例のランジェリーショーのテレビ中継打ち切りに追い込まれ、わが国でも一時はセクシーイメージで人気だった「ピーチ・ジョン」の不振でワコールホールディングスが巨額の減損処理に追い込まれて97%の減益(連結純利益、営業利益も58%の減益)決算になり、アツギはストッキングの不振で31億円の赤字(純損失、営業損益も9億円の赤字)に転落した。一体、女性の下着に何が起こっているのだろうか。

情報源: 今、女性の下着に何が起こっているのか — 加速するライフスタイル革命 | 企業戦略 | 小島健輔からの直言 | 商業界オンライン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です