フェイクに負けないための「過程の透明化」

フェイクニュースと呼ばれ、今ほどメディアへの信頼が揺らいでいる時代はないかもしれません。

そんなとき、信頼されるメディアであるためにはどうあるべきか。ニューヨーク・タイムズの編集長は「取材過程の透明化」をあげています。

これは何もメディアに限った話ではないように思います。どう信頼されるかを考えるとき、プロセスを共有するというのは、とても大切なことではないでしょうか。

NHKは去年、ニューヨーク・タイムズの編集長のディーン・バケ氏に読者とどう向き合い、信頼を得ようとしているのかインタビューしている。そこでバケ氏はキーワードとして「取材過程の透明化」を挙げた。

情報源: WEB特集 メディアはどう生き残るのか | NHKニュース

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です