societe liberte
[subscriber:firstname] さん、ソシエテスタッフからイベントのお知らせです。
11月2日(金)夜は、六本木の国際大学GLOCOMにて、ソシエテ・リベルテ in 東京を開催します。今回のテーマは「デジタルテクノロジーと市民力」。ぜひ、ご参加ください。

ローカリティの冒険

~市民によるエリアパワー~

行政のオープン化にシビックテックが加わり、いま新しい市民社会が生まれています。先端地からのレポートを参考に、参加者同士の交流もふまえ、自分たちで都市と地方の関係をイノベートする場を生み出す実践コミュニティです。

今回、ソシエテ・リベルテのために兵庫丹波地域で空き家を一軒準備しました。どうすればその場がオープン・イノベーションを促進し、新しい都市と地方の関係を創る場にできるか。そんなことを考えていければと思います。

  • コメンテーター
    ・前川徹(国際大学GLOCOM所長)
  • ナビゲーター
    ・庄司昌彦(国際大学GLOCOM主幹研究員)
    ・小橋昭彦(NPO法人情報社会生活研究所/兵庫県丹波市在住)

詳細:http://societe.gift.sc/info/2018/10/1030/
日時:11月2日(金)19:00~21:00(終了後交流会があります)
場所:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
   (東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階)
参加費:無料(交流会参加の場合は1,000円)

ゲストから体験談を提供

今回話題を提供いただくのは、以下のゲスト陣。多様で多彩な目線からと、お声がけしました。お楽しみに。

・前田諭志氏
株式会社デザイニウム代表取締役、Code for Aizuの中心的メンバー。地域におけるテクノロジーとビジネス、あるいは地域の人材育成。会津大学発のベンチャー企業、デザイニウムの話もヒントいっぱいです。
・南雲岳彦氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)常務執行役員。新事業開発室長として、デジタルテクノロジーを活用した社会課題の解決を、自治体と伴奏しながら進める。1回目の本会がきっかけで、さっそく兵庫県丹波市との相談がはじまりました。
・湯山加奈子氏
プログラマー、オープンデータ@丹波実行委員会の中心的メンバー。地域ベンチャー(株)ご近所への参画をきっかけに兵庫県丹波市に移住。その後独立して、母親や子供たちにプログラミングスキルを身につけてもらう活動などに従事。このほど「合同会社ゴキゲンてくのろじ」を設立。
[subscriber:firstname] さんにお会いできること、楽しみにしています!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter
MailPoet