丹波の黒枝豆祭@門仲プロジェクト

** 食べごろは、わずか10日間のみ。幻の完熟黒枝豆 **



「丹波の黒豆」と聞いて、ピンとくる人は少なくないでしょう。今回のメインは、その「黒豆」になる前の「黒枝豆」が、一番美味しくなる「完熟黒枝豆」。完熟黒枝豆の食べ頃は、10月中旬から下旬にかけた僅か10日ほど。つまり、完熟黒枝豆は近隣にしか出回らない幻の美味!

この【完熟枝豆】をはじめ丹波農家の【秋の旬野菜】をみんなで料理し、みんなで食べる。 去年、大好評だったため、今年も開催しちゃいます♪ ワークショップ型料理イベント。

なかなか東京で出回ることが少ない幻の黒枝豆をみんなで思う存分、堪能しましょう!

日時
2019年10月16日(水)19:30~22:00
2019年10月17日(木)19:30~22:00
場所
東京・門前仲町
参加費
飲食費実費をいただきます
予約
KichHike:10月16日分
KichHike:10月17日分

チーム丹波のご紹介

●COOK:EIICHI
ゆるく、たのしく、おいしく過ごせる食の場をごはんとコミュニティデザインと企画力を駆使して作ります。これからもたくさんの新しい化学反応が起きるような場を作り食卓2.0(ソーシャルダイニング)を目指すテーブルデザイナーです。
さらにそこを起点として衣食住のアップサイクルを作りより良い生活を過ごすお手伝いをしていきたいと思います

●つなぐ人:ゆか
2017年、神戸から丹波市に移住。現在丹波市の特産品をPRする地域おこし協力隊。幸せとは何か?を考えていった結果、幸せとはみんなで一緒にご飯を作って、みんなで乾杯して、ご飯を食べる瞬間なんだと思っています。