東京都がスマート農業の実験農場を整備

税優遇が切れる生産緑地の維持を図るため、生産効率の向上や就農者増加を促す。 インキュベーション農場は2億円の予算で、1千~2千平方メートルを買い取って整備。事業者や研究者を募る。農業に「インキュベーション」をからめたところが、前向きだなぁと... 続きを読む

アグリテック(農業テック)スタートアップ8社を紹介

かんがいソリューション、ブロックチェーンを活用した物流、植物工場など。生産だけでなく、サプライチェーンまで見据えた改革が求められていますねぇ。 高齢化が著しく労働力不足が懸念されている日本の農業には今後、農業×ITであるアグリテック(アグテ... 続きを読む

ICTを活用した未来型ユニバーサル農業の実証実験を開始

そうか、スマート農業は、高齢者でも参加できるユニバーサル農業でもある。障がい者の就労支援としても考えられるわけですね。 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)とCTCの特例子会社... 続きを読む

1月18日 都市と地方のデザイン論

参加者とゲスト、ナビゲーター(運営者)が「自由」について語り合うコミュニティ「ソシエテ・リベルテ」。それは、不便ゆえに自由な「田舎のあるくらし」をヒントに、私たちの生き方、社会のあり方を考える場。 お仕着せじゃなく自分のものさしで生きる人が... 続きを読む

総務省5G利活用コンテスト一次選考結果

パウダースノー、登山者見守り、技術伝承など。 総務省は、第5世代移動通信システム(5G)実現による新たな市場の創出、地域社会の課題解決等に向けて、5G利活用アイデアを広く募集したところです。この度、地方選抜(一次選考)を実施しましたので、そ... 続きを読む

福岡県飯塚市、インターンシップマッチングサイト開設

学生がインターン先を見つけるためのポータルサイト。こういう取り組みは、いいですね。 飯塚地域インターンシップマッチングサイト インターンシップとは「学生」が「企業」で実際に「働く」ことができる「職業体験制度」のことです。企業で実際に行わ... 続きを読む