SDGs推進に地域通貨を利用して地域貢献

神奈川県による実証実験。SDGsに取り組む県が、地域貢献活動を市民に浸透させることを目的として、スマホで交換できる地域通貨を活用。 地域貢献活動に参加するとポイントを得られ、ポイントは加盟店などで利用できる。 ポイントを得た後の仕組みが重要... 続きを読む

SDGsはこれからも社会にとって企業が必要とされるかのモノサシ

経済産業省から「SDGs経営/ESG投資研究会報告書」が発表されました。 SDGsは企業にとって、これからの社会でも必要とされるかのモノサシのようなものとしています。 そして日本企業は、もともと近江商人の「三方よし」を心がけてきたところも多... 続きを読む

「知る」ことが「きっかけ」につながる

花王くらしの研究所が、SDGsに関するアンケートをとりまとめ、他の調査結果も参照しながら、コラムにされています。 まだ認知度が低いSDGsです。調査からは、日常のちょっとした関心が認知につながっていったことが指摘されています。 なにごとでも... 続きを読む

SDGsを象徴するビルが会津若松市にオープン、仕組み化に鍵がある

会津若松市に建設された「AiCT」。データに根差したイノベーションの拠点として、17社が入居予定。地域課題に根差すからこそ、企業も簡単に出ていかない。 単なる企業誘致、サテライトオフィスではなく、この場合だと市が集積するデータなど、地域側か... 続きを読む