societe liberte
[subscriber:firstname] さん、こんにちは。
新しい価値観のヒントを探す「新しい世界のはかり方」から、新着記事をご紹介します。

最近は大学でも高校でも、地位との連携が課題となっていて、多くの実践事例があります。今回ご紹介している岩手県北上市の事例もそのひとつなのですが、他と違って注目したいポイントがありました。

紹介記事でも触れていますが、行政側からテーマを設定しているところです。若者参画のよくある事例は、若者がワークショップして街づくりのアイデアを出すという形式です。

その際、行政側から今まさにアイデアを求めている分野を提示して、そこに絞ってアイデアを出してもらうという形式。その分野が、LGBTQやSDGsなど社会テーマとも関連していて、若者が学ぶべきテーマと重なっているというのが理想。

学校と行政の連携のあり方、考えてみたいテーマです。

学校給食完全オーガニックの日、石川県はくい市で

ここでいう完全オーガニックというのは、自然栽培のことですね。はくい市では市やJAも自然栽培の普及に協力しています。 農薬 …

「あたりまえ」の基準が変わる、700人全員に出社義務がない会社

この特集記事で取り上げられている事例は、それぞれに「あたりまえ」と思っていたことが、ほんとうはそうでなかったと気づかせて …

岩手県北上市、高校生と行政とのからみ方にみる若者参画へのヒント

若者と行政というと、シチズンシップ教育のなかで、若者がまちづくりのアイデアを出して提案するというスタイルが多い。 そうし …
お役にたつ記事はありましたか? 感想など、ご返信いただけると嬉しいです!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter 
MailPoet