自動運転のエヌビディアが農業分野で協業

現在の農業は課題が多い。それだけに、イノベーションが期待される。そのあたりの事情を探った記事。

ほんとうに、農業が大きく変わると、日本はおもしろくなる。

自動運転の世界では、インテル、グーグル傘下のウェイモ、ライドシェアのウーバーなど、強力なライバルが激しいつば迫り合いを展開する中で、今なぜエヌビディアだけが「都市モビリティ」という主戦場ではない、「農業」の分野にコミットするのか。

情報源: なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計 IoT時代、<IT企業に求められる「品格」や「矜持」>が変わる | IoT Today – IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 –

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です