迷走続いた戦後の農政

「経営」という観点から農政を振り返った記事。

当然に経営は重要なのだけれど、生産性管理が弱い。

国際競争を覚悟して作った新政策は何を残したのか。農家が会社を立ち上げ、従業員を雇うのは当たり前になったのは大きな成果だ。だが国連食糧農業機関(FAO)によると、単位面積当たりのコメの収量は90年には米国と同水準だったが、15年は約2割少ない。中国にも追い抜かれた。生産性では海外と比べて著しく見劣りするのが現実だ。

情報源: 迷走続いた農政 強い農業描けず  :日本経済新聞

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です