長野県伊那市、ハッカソンで生まれたアイデアが実用化へ

具体的なツールを前提にアイデアを絞っているところが、実用化に移りやすいポイントかな。

飲み倒れとか、何を資源とみてどう活かしていくか、なかなかよくできたアイデアですね。

低電力で広範囲に対応した無線通信規格「LoRaWAN(ローラワン)」を利用して地域課題を解決するアプリ(応用ソフト)を短期間に開発するイベント「伊那ハッカソン」で生まれたアイデアが、伊那市内で実用化に向けて動き出している。第1回優勝のアイデア「くくりわなセンサー」は既に実証実験の段階。前回優勝の「伊那で飲み倒れ大作戦」も運用に向けた検討が始まる。20、21日の第3回でもユニークなアイデアが飛び出した。

情報源: Nagano Nippo Web » 地域課題の解決に期待 伊那ハッカソン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です