パブリック・アフェアーズとSDGs

企業が社会的課題について、政府や業界団体、NPOに対してPRを行うパブリック・アフェアーズ。

その視点からすると、SDGsは重なる部分も多いけれど、最新テクノロジーがもたらす弊害への意識が薄いように感じるとも。安易にテクノロジーを信じるのではなく、それが本当に社会を幸せにするかを考えなくてはならないと。

とてもフェアな目線だと思いました。

規制や社会的課題をテーマにしたPRである「パブリック・アフェアーズ」という仕事があることをご存知だろうか。新しいイノベーションを生み出す時には、既存の規制との調整や社会との利害調整がしばしば必要となる。そういった、社会性や公共課題を扱うコンサルティング会社である、マカイラの代表取締役 藤井宏一郎氏に、今求められているパブリック・アフェアーズの仕事と、SDGsとの関係を語ってもらった。

情報源: 「パブリック・アフェアーズ」とは何か? 元グーグル 藤井宏一郎 氏が挑戦するワケ 連載:2030年への挑戦|ビジネス+IT

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です