SDGsと日本の「ワラ」文化

ぼくもワラの活用は、日本文化として素晴らしいと言ってきたのですが、これを「ワラ文化」としてSDGsとからめて語られています。

おもしろいです。

「SDGsは、それ自体の達成はもちろん、物事を複眼的に見る上でも非常に価値があります。SDGsを意識すると、身近な事象も違った意味合いを持つことでしょう。たとえば、ワラはその代表といえます」 こう話すのは、環境学や持続可能社会を研究する國學院大學経済学部の古沢広祐(ふるさわ・こうゆう)教授。ワラが持つ価値とはどんなものなのか。SDGsを契機に「物事を複眼的に見ることが未来の共存社会につながる」と話す同氏に話を聞いた。

情報源: SDGsで読み解くと、こんなに深い日本の「ワラ」文化 「精神的な意味づけ」がワラ利用を持続可能な文化にまで昇華させた (1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です