オープンデータでクリスマスバス

「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」の活用、各地で進んでいるけれど、イベント的な使い方も可能。

トナカイのそりを待つような。

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は、北恵那交通株式会社と岐阜県中津川市が協力して運行する“クリスマスバス”を利用した、バスロケーションサービスの実証実験(実施期間:2018年12月11日(火)〜12月25日(火))に、技術協力としてロケーションサービス「SkyBrain(スカイブレイン)」を提供します。

情報源: 株式会社ヴァル研究所|トピックス|2018年12月14日 オープンデータを活用したバスロケーションサービスを実現! ~SkyBrainが岐阜県中津川市のクリスマスバスに採用~

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です