日本農業の救世主は

当面は外国人労働者を雇い入れ、将来的にはスマート農業。

というか、そうした「雇用」を受け入れるだけの農業に変えていけるか。日本に多い「小農」をどう生かすかを含めて、課題。

農家の高齢化と後継者難による深刻な人手不足で存続の危機が叫ばれる日本農業。政府が今月決定した外国人労働者の受け入れ拡大が働き手確保の決め手となるのか、あるいは人工知能(AI)を備えたロボット導入が新たな未来を切り開くのか、日本農業の救世主を探すために残された時間は多くない。

情報源: 日本農業の存続待ったなし、救世主は外国人労働者かAIロボットか – Bloomberg

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です