こんにちわ。 

ゲストハウス環のさくらです。

こういった記事を書くのは初めてで、 不慣れですが 

どうか温かく見守っていただけたらと思います。 

とても簡単に自己紹介を。

初めまして。 本名は「荒木耕祐」

出身は神戸市垂水区で32歳になりました。 

2020年、大阪から妻と移住し、コロナ真っ只中に

「ゲストハウス 環」を開業し一年。 

カメラマンもしております。 

長髪で童顔(ちょっとコンプレックス)の 

ちょっと古民家に似合わない男です。 

さて環があるのは丹波篠山市今田町。 

今田町といえば… 「丹波立杭焼」

「土と語る、森の中の美術館」

今回は兵庫陶芸美術館

を紹介です。



丹波立杭焼の今田町立杭、あちらこちらで鳥の鳴き声が聞こえ、優しい風が吹き、澄んだ空気をたくさん吸い込んで。

のんびりとした静かな森の中。

緑豊かな虚空蔵山の麓の森の中に佇む、真っ白な壁の立派な建物。

入り口から早速巨大な陶芸作品が。

庭や通路に所々小気味よく作品が展示されていて、

美術館に入る心の準備をさせてくれるような気がします。



展示物は主に丹波焼、三田焼、眠平焼、東山焼などの県内産古陶磁と現代陶芸。

また、毎度目をひく展覧会が開催されています。

5月30日まで開催されていた

「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」

見学に行きました。

さまざまな素材・焼き方・作り方・方法で展示されていた今回の展示会は、

僕の知る「陶芸」ではありませんでした。

どれも奇抜。どれを見ても「ほぉ〜」と唸る作品ばかりでした。

中はとっても綺麗。

光差し込む階段や、渡り廊下のソファで休憩しながら。

ブースごとにコンセプトがまとまっていて、作品に没頭できます。

美術館や博物館が近くにある。

気軽に行ける環境はとても素敵です。

生パスタの美味しいレストラン「虚空蔵」も併設されており、

使用されているお野菜は実家のおじいさんおばあさんが作った、有機野菜だそうです。

ツルツルでもちもち!とっても美味しいです!

兵庫陶芸美術館

〒669-2135 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4

TEL:079-597-3961 / FAX:079-597-3967

団体受付(17時まで)

TEL:079-597-3970 / FAX:079-597-3970

虚空蔵レストランの予約・お問い合わせ

TEL:079-590-3633 / FAX:079-590-3634

コメントはできません