societe liberte
[subscriber:firstname] さん、おはようございます。
今日紹介する記事では、トイレ関係がかぶっていて(^^

ひとつはスマートシティの実現をトイレという目線から考えるもの。どうでしょうか、スマートシティというと自動車がつながっていて安全な交通が実現されているとか、大きな話をイメージしませんか? そうじゃなく、トイレという身近なところからアプローチすることで、より生活に身近な、そして快適なまちづくりにつながる可能性を感じさせてくれます。「暮らす快適」からアプローチすることの重要性を教えてくれます。

そしてもうひとつのトイレは、トイレでのスマホ忘れ対策! これ、画期的です。そして、ここで紹介しているアフォーダンス、あるいはナッジという考え方、ぜひ今後何かのアイデアをひねり出すときに参考にしてほしいのです。

昭和と令和をオープンデータ写真で比較

奈良県生駒市の取り組み。 まず市が所有する昭和時代の写真をオープンデータとして公開。それに対応する現在の写真を募集し、そ …
昭和と令和をオープンデータ写真で比較

テレワーク先駆者百選の発表

テレワーク先駆者百選の発表
今年度5社を選定。従業員数30名程度の企業も選ばれているのが嬉しい。 効果もはかられていて、ガソリン使用料の削減や残業時 …

全国自治体のSDGsへの関心度、その目的をどうとらえているか

SDGsというと大きな話と考えて自治体としての取り組みは遅れているところもあるのだけれど、学校法人先端教育機構のリリース …
全国自治体のSDGsへの関心度、その目的をどうとらえているか

小さなアイデアが大きな効果を生む

小さなアイデアが大きな効果を生む
これはぜひ参考にしたい考え方。 トイレに財布やスマホを忘れる人が多い。それをどう解消するか。センサーを付けて感知するなど …

幸福の熱量が関係人口を増やしていく

「コクリ!プロジェクト」っていうのがあって、全国の若者がネットワークしているのですが、この記事を読んでいると、そのネット …
幸福の熱量が関係人口を増やしていく

トイレから始めるスマートシティ

トイレから始めるスマートシティ
スマートシティと聞くと公共交通実証実験のような大規模なものをイメージしがちですが、こちらにあるトイレの事例などを知ると、 …
お役にたつ記事はありましたか? 感想など、ご返信いただけると嬉しいです!

ソシエテ・リベルテ事務局
facebook twitter 
MailPoet