不便な田舎の自由な暮らし

 ITとデザインで地域に貢献する会社、株式会社いなかの窓の代表取締役、本多紀元さん。

 とてもマイペースな印象の本多さんは、元々は「働きたくない一心で、必死で努力した」と公言するほど、働くのが嫌だったそう。しかし、努力の末不労所得を手に入れた結果、自分でも予想しなかった気持ちが湧き起こるのを感じました。

 働きたくなかったはずなのに、気づくと自分以外の誰かのためにあれこれ施策を練っている。人のために働いて、その人が生き生きと喜んでいる姿を見るのが喜びとなっていた。

 「何でだっけ?」と、飄々と笑う本多さんは、今日も「なんだか人の役に立ちたいな」という思いに動かされ、忙しい田舎暮らしを送っているそうです。

ITベンチャー

 場所を問わないIT系企業に兵庫丹波は最適。ゆったりした環境の中で最先端の仕事に携わる。

 プログラマやデザイナーなどのフリーランサーもいて、仕事の輪も思った以上に拡がりやすい。

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です