不便な田舎の自由な暮らし

 丹波市へ移住し7年目、今も旧称で呼ばれる笛路村で有機農業を始めて5年目となる横山湧亮さん。

 いつでも自分の「直感」や「ワクワク」に従ってきた横山さんの子どものころからの夢は、実は農家ではなく、「食品開発の研究者」になることでした。情熱のままに突き進んできたものの、夢を叶える目前のタイミングで、ふと立ち止まります。

 ー自分の本当に生きたい人生とは? その疑問に向き合い、「どこで何をしている自分がワクワクするのか」と問い直した横山さん。結果、長年育んできた夢とは違う道を選択します。

 当初は目標があったわけではなかったけれど、ただ直感に従って突き進むと決めたその先には、思わぬ形で昔からの夢との再会が待っていました。

有機農業に取り組む

 有機農業といえば、土壌検査に基づく施肥計画など案外科学的なのをご存知だろうか。

 有機農業の里・丹波市では「農(みのり)の学校」で学べるほか、農家による研究グループもあり、仲間作りもできる。

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です